名刺

名刺作成の際に気を付けていること

文房具

名刺を作成する際に気を付けていることを、頂いた名刺などを参考に考えてみたことがあります。私は職業柄、名刺交換をする機会が多く、実際に名刺交換をした人の顔と名前が一致しないということも多々あります。基本的に名刺の多くは、企業名、所属、氏名、電話番号、ファックス番号、メールアドレスが書いてあると思います。私が使用していた名刺も、これと同じ内容でした。
しかし、あるとき名刺交換をした会社の人たちは、名刺に小さな顔写真がプリントされているものを使用していました。それまで、多くの人と名刺交換をしてきましたが、そのような名刺を使っている方はおらず、これはいいアイディアだなと感心しました。名刺は身代わりという言葉を聞いたことがありますが、まさに身代わりで、いくら時間がたっても名刺を見れば顔を思い出せますし、またお会いする機会があればなおのこと、しっかりと顔と名前を認識することができます。
それから私は、これまで通りの名刺と、顔写真が入った名刺の2枚を用紙を用意しています。お付き合いする機会が多い方には、通常の名刺、初めての方や会う機会の少ない方には顔写真入りの名刺と使い分けています。自分自身を認識してもらうためのさいぜんのほうほうを見つけたいものですね。

注目の記事

名刺を出している人

名刺作成とは

名刺作成というのは、今ではかなり簡単にできるようになっています。つまりは自分で作ることができる…