名刺

名刺作成上の留意点について

打ち合わせ

名刺作成をするにあたって、留意しなければならない事項として以下の点があげられると思います。まず第一番目にサイズと形に気をつけるということです。名刺交換をした時にわかると思いますが、大抵の名刺は長方形であり、サイズは55ミリ×91ミリとされているようです。無条件にこのサイズにしなければならないということもないですし、色々なサイズも作成できますが、交換した際に定期的な大きさで相互に渡しやすい、また大概の名刺入れにフィットし、管理しやすいということも含めて定型サイズに収めるのが望ましいです。
次にどのような情報を名刺の中に入れ込むかということです。会社員や自営業の方でも会社名や事務所名、所属、氏名、連絡先は必要ですが、さらに加える情報として肩書きやホームページ、有している資格等も挙げられます。しかしながらあまり情報を詰め込むとレイアウトに苦慮しますし、字も小さく見にくい名刺となります。よって、どのような項目を入れ込むかを慎重に取捨選択し、見やすい名刺作成を心がけるべきです。
最後にどのようなレイアウトにするかを考えるべきです。情報の配置位置、字体、適度な余白とすっきりとして相手方に自分の情報が簡潔に読み取られやすいということが大事です。

注目の記事

名刺を出している人

名刺作成とは

名刺作成というのは、今ではかなり簡単にできるようになっています。つまりは自分で作ることができる…